相続相談の税理士選び

相続税の申告を依頼したいけれど、税理士はたくさんいます。どういった税理士に依頼すればよいのでしょうか。

まず、できるだけ相続税専門の事務所を選ぶようにしましょう。相続税の申告は知識だけでなく実務経験も重要です。実務経験が豊富な事務所では、所有している家屋や土地など現地に見に行き、評価に影響する点があるかどうか確認してくれるところもあります。

確認実は、税理士事務所には、相続税に詳しい事務所とそうでない事務所があります。法人や個人事業主との顧問契約における収入を主としている事務所は、相続税の申告を数年に一度しか取り扱わないこともあるため、相続税には詳しくない場合があります。相続税専門かどうか見極める方法は、事務所のHPなどで、実績などを公表しているので確認しましょう。年間の相続税申告実績が多いかどうかで確認できますが、相談実績ではなく申告実績を確認するようにしましょう。また、無料相談で、簡易ソフトなどで相続税の概算を計算してくれる事務所は、相続税について一定の知識がある事務所と考えてよいでしょう。

税理士の実績も大切ですが、親身になって相談できる税理士へ依頼することが大切です。知人の紹介であれば、どのような税理士が事前に知ることができ安心です。また、事前に明確な費用見積もりを提示してもらえたり、税理士報酬の内訳の算定基準について詳しく説明してくれたりするような税理士を選ぶと安心です。

相続相談の費用

相続税や節税の相談を税理士のようなプロに依頼したいけれど、費用について心配になる方も多いのではないでしょうか?

相続税申告での税理士報酬は、税理士ごとに算出基準が違います。相続財産額に対して何パーセントかを報酬とする場合や、一定の相続財産額に対して段階的に金額設定されている報酬金額もあります。しかし、だいたいの相場としては、財産総額に対して、0.5~1.5%の金額が多いようです。相続財産によっては、税理士報酬が100万以上の高額になる可能性もあるでしょう。しかし、税理士報酬は、安ければいいというものでもありません。税理士によっては納税額に差がでてしまい、損する場合があります。税理士報酬が安くても納税額が高くなってしまっては逆効果です。信頼できる税理士に依頼することが大切です。

無料相談そこで、信頼できる税理士を探すためにも、税理士の無料相談を利用することをおすすめします。税理士が初回無料や時間制限を設けて、税務や税金のことを相談に乗ってくれます。相続税は、毎年申告するものではありませんが、他の税金と比べて内容が複雑ですから、多くの方が無料相談を利用しています。無料相談を受けたからといって申告を依頼する必要もありません。

また、税理士事務所によって無料相談の内容が違います。相続税を多く取り扱っている事務所は、簡易ソフトなどで計算してくれることもあります。無料相談を有効的に活用するためには、どのような財産があるかや家族構成の一覧などをリストアップしていくなど必要なものを事前に用意しておくことがポイントです。ただし、あくまでも概算ですので、正確な相続税を知りたいのであれば、税理士への正式な依頼が必要です。税理士報酬についても心配であれば、事前に見積もり提示してくれる事務所が多くあります。税理士報酬の目安もわかりますので、複数の税理士に無料相談を利用することをおすすめします。


◇関連サイト◇
相続相談の無料相談会≪ソレイユ総合ナビ≫

相続相談はプロへ依頼

親族が亡くなった時、所有していた財産を自分が相続することになる場合があります。遺産相続する場合、相続税を支払う必要があります。事前に準備をしていない場合などトラブルが発生する可能性もあります。相続税はどのくらい支払う必要があるのか、また、相続税の申告方法はどうしたらよいのか不安になる方も多いでしょう。遺産相続する必要がある場合、どこに相談すればいいのでしょうか?

税理士相続税の計算は単純なものではありません。そして、必要な資料を集める労力も含めて、時間がかかります。税務署に相談しても、申告書の記載方法、相続する土地の評価方法など、基本的な内容に関しては教えてもらえます。しかし、具体的な相続税の計算については教えてくれません。相続税の計算が難しい場合は、税理士に相談することをおすすめします。また、その際、必要書類などを収集してももらうよう依頼することも重要です

また、節税対策についても税務署では対応してくれませんが、税理士であれば、専門的な税金の知識を持っていますので、解決策を教えてもらえます。相続税に限らす、相続全体の問題や贈与税に関する疑問などを確認したい場合も、税理士に相談することができ心強いです。相続税の申告手続きの知識が少しあれば、税務署に聞けば簡単に解決する問題もあります。しかし、申告ミスなどで、追加で徴収を受けてしまうなどのトラブルも多いです。自分で申告するのが不安であったり、時間的にも難しかったりする状況ならば、税理士へ相談することをおすすめします。

相続相談が必要なら

相続税は、亡くなった人の財産に対して支払う税金のことです。親は資産家でもないし、自分には関係がないと思っていた方も多いのはないでしょうか。しかし、2015年の法律改正で、遺産総額が8,000万を超えなければ相続税が発生しなかったのが、4,800万に引き下げられました。これによって、多くの人が相続税を支払う必要がでてきました。相続税はどのくらい必要なのか、どこに申請すればいいのかなど心配になります。

税務署相続税の申告先は、基本的に亡くなった被相続人の居住地の税務署です。税務署の職員に聞けば、一般的な申告手続きの手順、書類の書き方を教えてくれます。事務的な内容で困っているのであれば、税務署へ相談するのがよいでしょう。しかし、不動産がからむような複雑なケースや個別の具体的なケースについては教えてくれません。財産は家や株など種類ごとで価値の決め方が違います。実際に財産がどれくらいの価値で、相続税がいくらになるか自分で把握するのは困難です。そこで、税金の専門家である税理士に依頼すると安心です。

相続税の申告は税理士に依頼する場合がほとんどです。しかし、普段から税理士とつきあいのある人は少ないでしょう。多くの方は、税理士探しから始めます。そこで、税理士の無料相談を利用することをおすすめします。税理士に相続相談すると、申告までに半年以上かかることも珍しくありません。親身になってくれて、信頼できる税理士に頼むことが重要です。このサイトを参考にして、税理士の無料相談をうまく使いながら信頼できる税理士を見つけていただけると幸いです。