相続相談はプロへ依頼

親族が亡くなった時、所有していた財産を自分が相続することになる場合があります。遺産相続する場合、相続税を支払う必要があります。事前に準備をしていない場合などトラブルが発生する可能性もあります。相続税はどのくらい支払う必要があるのか、また、相続税の申告方法はどうしたらよいのか不安になる方も多いでしょう。遺産相続する必要がある場合、どこに相談すればいいのでしょうか?

税理士相続税の計算は単純なものではありません。そして、必要な資料を集める労力も含めて、時間がかかります。税務署に相談しても、申告書の記載方法、相続する土地の評価方法など、基本的な内容に関しては教えてもらえます。しかし、具体的な相続税の計算については教えてくれません。相続税の計算が難しい場合は、税理士に相談することをおすすめします。また、その際、必要書類などを収集してももらうよう依頼することも重要です

また、節税対策についても税務署では対応してくれませんが、税理士であれば、専門的な税金の知識を持っていますので、解決策を教えてもらえます。相続税に限らす、相続全体の問題や贈与税に関する疑問などを確認したい場合も、税理士に相談することができ心強いです。相続税の申告手続きの知識が少しあれば、税務署に聞けば簡単に解決する問題もあります。しかし、申告ミスなどで、追加で徴収を受けてしまうなどのトラブルも多いです。自分で申告するのが不安であったり、時間的にも難しかったりする状況ならば、税理士へ相談することをおすすめします。