相続相談が必要なら

相続税は、亡くなった人の財産に対して支払う税金のことです。親は資産家でもないし、自分には関係がないと思っていた方も多いのはないでしょうか。しかし、2015年の法律改正で、遺産総額が8,000万を超えなければ相続税が発生しなかったのが、4,800万に引き下げられました。これによって、多くの人が相続税を支払う必要がでてきました。相続税はどのくらい必要なのか、どこに申請すればいいのかなど心配になります。

税務署相続税の申告先は、基本的に亡くなった被相続人の居住地の税務署です。税務署の職員に聞けば、一般的な申告手続きの手順、書類の書き方を教えてくれます。事務的な内容で困っているのであれば、税務署へ相談するのがよいでしょう。しかし、不動産がからむような複雑なケースや個別の具体的なケースについては教えてくれません。財産は家や株など種類ごとで価値の決め方が違います。実際に財産がどれくらいの価値で、相続税がいくらになるか自分で把握するのは困難です。そこで、税金の専門家である税理士に依頼すると安心です。

相続税の申告は税理士に依頼する場合がほとんどです。しかし、普段から税理士とつきあいのある人は少ないでしょう。多くの方は、税理士探しから始めます。そこで、税理士の無料相談を利用することをおすすめします。税理士に相続相談すると、申告までに半年以上かかることも珍しくありません。親身になってくれて、信頼できる税理士に頼むことが重要です。このサイトを参考にして、税理士の無料相談をうまく使いながら信頼できる税理士を見つけていただけると幸いです。

You Might Also Like